Boda(ボダ)/アッシュトレイ スクエア6.5cm角
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

Boda(ボダ)/アッシュトレイ スクエア6.5cm角

¥0

送料についてはこちら

スウェーデンで大変人気のあるデザイナーの一人、エリックホグランによる、アッシュトレイ(灰皿)のシリーズです。1950~60年代にガラスメーカーKosta Boda社の前身、Boda社にて製作されたものですが、実はこちらは元々、ステンドガラスとして作られたもの。のちにアッシュトレイとして販売されましたが、今から約70年とは思えない、前衛的でかっこいいデザインですね。 熱した熱々のガラスを型に流し込み、そこにモチーフを手作業で型押しするので、ガラスの量や形など一つ一つ異なります。が、その画一化されていない表現こそエリックホグランの目指していたものだったとか。一つとして同じものは存在せず、手にしたものは、あなただけの唯一無二のもの。その辺もコレクターが多い理由の一つかもしれません。 本体はガラスの塊ですので、ずっしり重いです。灰皿としてはもちろん、ペーパーウェイトや、小物やアクセサリー置きにも良いですね。デザイン性の高いものなので、アートピースとして窓辺など光の当たる場所に飾ると、ガラスの輝きや気泡、影などとてもきれいに映ります。ちなみにこれはスクエアタイプで自立するので、安全な場所であれば、立てて飾ってもお楽しみ頂けます。 今回はLarge sizeと一回り小さいこちらのSmall saize、2点入荷してます。 ちょっと珍しい、人が手を取り合っているなんだかハッピーなモチーフ。スタッキングも可能で、二つ合わせて飾っても面白いですよ。 【コンディション】 表面の四隅の一角に小さいけどしっかりとしたスクラッチ跡があります。どちらも近くで見て分かる程度のものです。 筋や気泡等ありますが、こちらのシリーズでよくみられる、製造過程で出来るものです。多少の擦り傷や使用感はありますが、全体としては良好なヴィンテージコンディションを保っています。 ■メーカー:Kosta Boda ■シリーズ:アッシュトレイ ■デザイナー:Erik Hoglund ■年代:1950-60 ■サイズ:6.5cm角 H約3cm    -----ご購入にあたってのご注意事項----- 当店で扱っているヴィンテージ商品は実際に北欧の家庭などで大切に使用されていたユーズド品です。 したがいまして、スクラッチやシミ、色あせなど、どうしても使用に伴う損傷がございます。 目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。また陶磁器の裏面には焼成時の3点の支柱跡が見られます。ご了承ください。 より詳しいコンディションをご確認されたい場合はメールでお問い合わせ頂きますようお願い致します。